デリヘル店舗スタッフ

デリヘルとホテヘルの違いを解説【スタッフへ応募する方は必読】

投稿日:

デリヘルとホテヘルの違いを解説【スタッフへ応募する方は必読】

「デリヘルはわかるけどホテヘルって?違いは何?」
「スタッフとして働くならデリヘルとホテヘルどっちがいいの?」

そんな疑問をお持ちの方は結構いらっしゃると思います。

「どっちもホテルでヘルスプレイする風俗なんでしょ?」と一緒くたにされてしまいがちなデリヘルとホテヘル。

実はかなりシステムが違いますし、スタッフとしての仕事内容も変わってくるのです。

この記事ではデリヘルとホテヘルの違いを詳しく解説します。

お店のシステム・サービスにおける流れの違いはもちろん、それぞれの店舗型スタッフとして働く際に重要なお仕事事情も紹介

風俗店で働きたいけど、デリヘルとホテヘルのどちらの求人に応募するか迷っている方も、ぜひ当記事で疑問を解決していってくださいね!

 

【デリヘルとホテヘルの違い】お店の特徴・基本的な遊び方の相違点

【デリヘルとホテヘルの違い】お店の特徴・基本的な遊び方の相違点

デリヘル(デリバリーヘルス)とホテヘル(ホテルヘルス)はどちらもキスや全身リップ、フェラチオ、素股、シックスナインといったヘルスプレイを提供する風俗店です。

実店舗内でサービスを行う店舗型ヘルス(ファッションヘルス)と違って、店舗の外でサービスを行うという点は共通しています。

しかし、サービスに至るまでの流れはかなり異なるのです。

デリヘルとホテヘルの主な違いは以下です。

サービスが行われる場所

デリヘルもホテヘルもラブホテルでプレイを行うイメージが強いでしょう。

その点は間違いないのですが、デリヘルは場合によってはお客さんの自宅への派遣もOKなのに対して、ホテヘルはホテルのみに限定されているという違いがあります。

バニ男
とは言え、少数派ですがデリヘルの中にもお客さんの自宅への派遣はNGのお店があります

 

また、デリヘルは送迎車で風俗嬢をお客さんの元へ送り届けるので、対応可能なエリアがかなり広範囲です。

一方ホテヘルは、受付所から徒歩圏内のホテルのみを派遣可能な場所としている場合がほとんど。

一見すると不便に思えますが、ホテヘルの受付所があるのは繁華街や風俗街といったラブホテルに困らない地域で、そこまで「面倒さ」を感じることはありません。

 

派遣方法・プレイまでの流れ

デリヘルとホテヘルの最大の違いと言えば、受付所の存在です。

ホテヘルにはデリヘルにない受付所が設けられており、お客さんは予約時に必ず立ち寄ることになっています。

そのため、受付所がないデリヘルとホテヘルはサービスを提供するまでの流れがかなり異なるのです。

 

デリヘルのサービスの流れ

■お客さんが電話でデリヘル店に予約を入れる
デリヘルはお客さんと店舗スタッフが電話で女の子やコース、オプションの利用有無、プレイ場所などを決めるやりとりを行います

最近はお店の公式サイトにある予約フォームからネット予約ができるお店も増えているようです。
しかしネット予約の場合も、確認のためにいったんお店側から電話をかける必要があります。

 

■お客さんが待機している場所へ女の子が派遣される
プレイ場所と時間が決まったら、お客さんはプレイ場所で待機。
デリヘル店側はお客さんが待つ場所へ送迎車を使って女の子を派遣します。
(送迎はデリヘルドライバーという職種のスタッフが担当します。)

女の子がお客さんからプレイ料金を受け取ったらサービス開始です。

 

■プレイ終了後、女の子は送迎車で次の派遣場所へ
プレイが終了したら、女の子は送迎車に乗って次の派遣場所、もしくはお店の待機所へ向かいます。
基本的にお客さんと店舗スタッフが顔を合わせることは一切ありません

 

 

【デリヘルとホテヘルの違い】お店の特徴・基本的な遊び方の相違点

ホテヘルのサービスの流れ

■お客さんが受付所に来店して予約を入れる
ホテヘルの場合は、お客さんが必ず受付所に立ち寄ってプレイの予約をします
大半の受付所にはネットで公開されていないモザイクなしのパネル写真が用意されているので、お客さんは顔出しアリの写真から女の子を選ぶことが可能です。

女の子や利用コース、オプションの利用有無、利用するホテルが決まったら、店舗スタッフは待機中の女の子に連絡を入れます。

 

■お客さんと女の子がホテルに向かう
予約完了後はお客さんと女の子がホテルに移動してプレイを行います。
お客さんが先にホテルに移動して女の子の到着を待つ場合もありますが、ホテヘルには「待ち合わせ」というサービスを用意している店舗も多いです。

「待ち合わせ」は受付所や受付所周辺の待ち合わせ場所で、お客さんと女の子が合流して一緒にホテルまで向かうサービス。
お客さんにとってはデート気分を味わえるメリットがあり、ホテヘルならではのサービスとして有名です。

 

■プレイ終了後、女の子は自分の足で待機所に戻る
プレイが終了したら、女の子は原則として自力で待機所まで戻ってきます。
ホテヘルでは受付所から徒歩で移動できる範囲のホテルを利用するので、デリヘルのようにいちいちドライバーが出動することがないのです。

お店側にとっては移動の手間や時間がかからず、サービスの回転率が良くなるというメリットがあると言えるでしょう。

 

営業時間

デリヘルとホテヘルは風営法で定められている営業時間にも違いがあります。

風営法では、店舗型風俗店は深夜0時から早朝6時までの営業が禁止されています。
ホテヘルの受付所もこの「店舗」に含まれているため、ホテヘルは深夜から早朝の時間に営業ができないのです。

深夜0時以降も受付所を開けているお店は違法店なので、気を付けてくださいね。

一方、デリヘルは営業時間に特に縛りがなく、ホテヘルが営業していない時間帯もお店を開けることができます。
中には24時間営業のお店もありますよ。

ちなみに、最近はホテヘルも深夜0時になったら受付所を閉め、早朝までの時間帯はデリヘルとして営業するお店が増えてきました。
「ホテヘルのスタッフは深夜~早朝の時間帯は稼げない」と一概には言えません。

求人に応募する際は、お店のシステムもしっかりチェックしておきましょう。

 

【デリヘルとホテヘルの違い】店舗スタッフとしての働き方の相違点

【デリヘルとホテヘルの違い】店舗スタッフとしての働き方の相違点

次に、デリヘル・ホテヘルの店舗スタッフが担当する業務内容の違いをご紹介します。

仕事の内容次第では「これは苦手だからできれば避けたい」なんてものもあるかもしれませんね。
あらかじめどんな仕事を担当するのか知っておけば、応募する求人の絞り込みが可能ですし採用後のミスマッチも防げるので、ぜひ確認しておきましょう!

 

最大の違いは「対面接客か電話での接客か」

デリヘルとホテヘルの店舗スタッフの業務で一番の相違点と言えば、接客方法です。

これまでご説明してきたように、デリヘルは基本的にお客さんと直接会うことはありません。
主に電話での対応となるため、お客さんと対面しての接客が苦手な人にはおすすめです。

しかし、相手の表情が見えない電話は、言葉選びを少し間違えるだけで相手から反感を持たれやすいというデメリットもあります。
対面での接客時以上に話し方や声のトーンを意識し、明るい声で丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

 

バニ男
デリヘルの店舗スタッフとして稼ぐなら知っておきたい「電話対応術のコツ」はこちらをチェック!

> > デリヘル店舗スタッフの電話対応術!基本をおさえて高評価ゲット

 

直接お客さんと対面するホテヘルの場合、話し方はもちろん身だしなみにも気を遣う必要があります。

スーツの着こなしがだらしなかったり髪がボサボサだったりすると、それだけで「なんだこのスタッフは……」と思われてしまうので要注意。
見た目の印象はかなり大事なのです。

そして、もし明らかに素行の悪そうなお客さんや泥酔しているお客さんが来店された時は、毅然と利用をお断りする場合も出てきます。
お客さんになめられないように、堂々とした雰囲気を出せると吉ですよ。

 

ホテヘルスタッフは「受付所の清掃業務」も大切

ホテヘルは受付所にお客さんが直接来店するので、清掃業務の徹底が不可欠!

いくら受付所でプレイするわけではないとは言え、お店の顔である場所が不潔だとそれだけでお客さんはお店に不信感を持ってしまいます
「お客さんが目にする受付所すら汚いお店は、サービス面もずさんなのでは?」と疑われてしまっても仕方がないですよね。

ホテヘルの受付所は古い雑居ビルに入っていることも多く、清掃を怠ってしまうとカビや虫が湧きやすい環境とも言えます。
ホテヘルの店舗スタッフは受付所の清掃を欠かさないようにしてください。

受付所はお店の印象を決める場と言っても過言ではありませんよ!

ちなみに、デリヘル・ホテヘルともに女の子の待機所の清掃も重要です。
待機所の環境は女の子のモチベーションに大きく関わるため、「たかが掃除」と思わずに、常に清潔な待機所を提供してあげましょう。

 

デリヘルスタッフはドライバーの管理も仕事の一つ

デリヘルスタッフはドライバーの管理も仕事の一つ

デリヘルの場合は、女の子をお客さんが待つ場所へ送迎する「デリヘルドライバー」の存在を忘れてはいけません。

大規模なお店は何人ものデリヘルドライバーを雇っていますし、小さいお店は少数精鋭でドライバーが忙しくフル稼働している場合もあります。

デリヘルのサービスの回転率は、デリヘルドライバーが効率良く送迎できるかどうかで変わると言っても過言ではありません。
だからこそ、送迎ドライバーの管理は大切なデリヘル店舗スタッフの業務なのです。

「現在誰がどの子を送迎しているのか」「次の子の送迎は誰にやってもらうのか」を考えて、的確にドライバーに仕事を振ってあげてください。

また、デリヘルドライバーへのこまめな連絡も欠かさないようにしましょう。
前のサービスの時間が押してしまった、交通渋滞に巻き込まれてしまったといったアクシデントがあれば、店舗スタッフがいち早く把握して指示を出す必要があるからです。

スムーズなお店の運営のためには、デリヘルドライバーとの連携も必要不可欠と言えます。

 

バニ男
デリヘルドライバーがどんな仕事をしているのかもっと知りたい方はこちらをチェック!
よくわかる
デリヘルドライバーの仕事ってどんな?業務内容と1日の流れ
デリヘルドライバーの仕事ってどんな?業務内容と1日の流れ

「デリヘルドライバーってどんな仕事をすればいいの?」 「待機時間も有効活用できるって本当?」 高収入求人を見てデリヘルドライバーに興味を持ったけど、具体的にどういう仕事をするのかわからないという方もい ...

続きを見る

 

デリヘルとホテヘルの店舗スタッフで共通する仕事もたくさんある!

デリヘルとホテヘルの店舗スタッフの業務には共通点もあります。
基本的には、お客さんからご希望の女の子やコースを聞き出して女の子を手配する業務は共通しています。

また、女の子管理やWebサイトの更新、備品の調達といった業務も、デリヘル・ホテヘルともに重要です。

デリヘルやホテヘルの店舗スタッフが、共通して気を配っておきたいのが女の子の管理

実店舗内でプレイを行う風俗店とは違って、デリヘルやホテヘルは店舗スタッフの目が届かない場所でサービスを提供します。

そのため、店舗スタッフが気づかないうちに風俗嬢のモチベーションが落ちていた、お客さんに傷つけられていたなんてこともあり得るのです。

日頃から女の子とのコミュニケーションを欠かさないようにして、女の子第一のお店になるように心がけていきましょう。
それがお店の売上を上げる近道でもあります。

関連記事


> > デリヘルスタッフの仕事!業務内容と1日の流れ

 

デリヘルとホテヘルの違いを把握して求人に応募しよう!

デリヘルとホテヘルの店舗スタッフの大きな違いは、やはり接客方法でしょう。
電話対応が得意な人はデリヘル、対面でのコミュニケーションが得意な方はホテヘルの求人に応募すれば、あなたのスキルを発揮できます。

また、深夜の時間帯に働けない人は必然的にホテヘルのスタッフが候補に挙がりますし、むしろ深夜~明け方の時間にガッツリ働きたい方にはデリヘルのスタッフが向いています。

デリヘルとホテヘルの違いを把握し、どちらで働きたいかを決めたら早速求人を探してみましょう。
男性向け高収入求人サイト「メンズバニラ」は、デリヘルとホテヘルの店舗スタッフ求人を多数掲載しています。
エリアはもちろん、お給料の目安や待遇を条件にして求人を探せますよ。

「これは!」と思える求人があればぜひ応募して、稼げる風俗業界の世界に飛び込んでみてくださいね。

 

\公式サイトで厳選された高収入求人を見てみよう/

【公式】男性高収入求人メンズバニラバナー

関連記事

  • この記事を書いた人
バニ男|メンズバニラ編集部

バニ男|メンズバニラ編集部

どうもバニ男です。メンズバニラの公式で編集部を作ってみました。 風俗業界の仕事に興味や疑問がある人は、このサイトの記事を読めばバッチリOK! 手前味噌になっちゃうけど、記事の内容はなかなかだじぇ。 みんなにとって有益で、何度でも見にきたくなるサイト作りをするから応援よろしくね!「高収入を稼ぎたい」あなたの気持ちに寄り添います。 ※いま、風俗男性求人でとくに注目なのはデリヘルドライバーだよ!

-デリヘル店舗スタッフ
-

Copyright© 男の稼げる仕事・バイト情報マガジン , 2019 All Rights Reserved.