インタビュー

投稿日:

【神奈川・川崎】風俗スタッフのリアルボイス!先輩インタビューから成功の秘訣をチェック

【神奈川・川崎】風俗スタッフのリアルボイス!先輩インタビューから成功の秘訣をチェック

『経験がない』からと言って風俗業界で働くことを躊躇っていませんか?

この記事では、メンズバニラの人気コンテンツである先輩インタビュー記事の中から、神奈川・川崎で「ソープランド」「デリヘル」の風俗スタッフとして成功している方々のリアルな声を抜粋してご紹介します。

今活躍している先輩スタッフのみなさんも、誰もが未経験からのスタート。

「風俗スタッフに興味がある」「高収入を手に入れたい」

そのような思いをお持ちの方であれば、どなたでも風俗スタッフとして活躍できるチャンスがありますよ。

当記事では風俗スタッフの面接でチェックされるポイントについてもご紹介していますので、面接に臨む際の予備知識として是非ご活用ください。

バニ男
この記事を読めば、あなたが風俗スタッフとして働いているイメージがしやすくなりますよ!

風俗スタッフの面接でチェックされるポイント

面接するビジネスマン

「風俗スタッフの求人に応募したけど面接が不安」
「面接前に準備しておいたほうが良いポイントってあるの?」

そのような不安や疑問をお持ちの方のために、風俗スタッフの面接でチェックされるポイントを中心に解説していきます。

ご自身の希望に合ったお店に応募までできたなら、風俗店で稼ぐ男になるまであと少しです!

こちらの項目を参考にして、万全の体制で面接に臨みましょう。

風俗スタッフの面接前に確認・準備しておくことは?

まずはじめに、風俗スタッフの面接前に確認・準備しておくべきことをご紹介します。

事前に最低限確認しておくべきなのが、「面接日時」と「持ち物」です。

面接の希望日時はお店の方に必ず聞かれることなので、ご自身のスケジュールを予めチェックしておきましょう。

また『メンズバニラ』の応募フォームには、希望面接日時を記入する欄がありますので、こちらに入力することでスムーズに面接日時を決めることができます。

「持ち物」に関しても、応募した際や担当者から折り返しの連絡が来た際にお店のほうから伝えてくれるので、失念しないようにしっかりメモを取っておきましょう。

万が一お店から伝えられなかった場合には、自ら確認するようにしてくださいね。

 

次に、面接前に準備しておくべきこととして大切なのが、「身だしなみ」を整えることです。

風俗スタッフは接客業なので、お客様が不快に感じる身だしなみをしていては、採用される可能性が低くなってしまいます。

服装は正社員ならば、落ち着いた色合いのスーツがベターです。
アルバイト希望の場合、必ずしもスーツを着る必要はありませんが、清潔な印象を与える服装を心がけましょう。

髪型に関しても、寝癖がついていたりボサボサだったりすると印象が悪くなってしまうので、こちらも清潔感を意識して整えておきましょう。

 

また、お店までの道順やアクセス方法に不安のある方は、事前に地図アプリや乗換案内アプリなどをチェックしておくと安心です。

さらに志望動機や将来のビジョンなど、面接で聞かれるであろう質問を想定して答えを準備しておくと、自信を持って面接に臨むことができますよ。

バニ男
面接で持参する持ち物には身分証など用意するまでに時間がかかるものもありますので、余裕を持って準備しておきましょう!

風俗スタッフの面接でチェックされているポイントとは?

風俗スタッフの面接でお店の方がチェックしているポイントとして挙げられるのが、「一般常識の有無」と「コミュニケーション能力の高さ」、そして「やる気」です。

風俗スタッフの仕事を行っていくうえで、一般常識とコミュニケーション能力は欠かせません。

お客様と接する場だけでなく、お店の他のスタッフやキャストの女の子と上手くやっていくためにも必要不可欠なスキルといえるでしょう。

また、面接の際の言葉遣いにも注意が必要です。

面接担当者の方が緊張をほぐすためにフランクに接してくれることもありますが、受け答えには敬語を使い、聞かれたことにはしっかりと答える姿勢を意識しておきましょう。

とはいえガチガチに緊張していては、せっかくのあなたの魅力を発揮することができなくなってしまいます。

まずは肩の力を抜いて、面接担当者の方との会話に集中していれば問題ありません。

そして面接は、あなたの「やる気」をアピールできるチャンスでもあります。

自己PRや志望動機だけでなく、将来の目標まで明確に伝えられるよう、事前にしっかり準備をして臨みましょう!

バニ男
緊張しがちな方は事前に頭の中で予行演習をしておくのも一つの手です!
風俗店の面接のイメージ
風俗店の面接へ応募する際に準備すべきこと【未経験者必見】

神奈川・川崎はどんなエリア?

川崎駅

羽田空港から近く東京駅にもアクセスしやすい立地のため、全国どこからでも訪れやすい神奈川・川崎エリア。

ターミナル駅でもあるJR川崎駅付近には複合施設や大型ショッピングモールが立ち並び、昼夜を問わず多くの人が行き交う繁華街として有名です。

そんな川崎は、1つのエリアに2つのソープ街がある街として全国的に知られており、ソープの店舗数は吉原に次いで全国2位となっています。

また川崎駅付近には、ビジネスホテルやラブホテルが数多く集まっていることから、デリヘルなどの派遣型風俗店の需要も高め。

他にも店舗型ヘルスやホテヘルなど、あらゆるジャンルの風俗業種がまんべんなく揃っています。

訪れる人が多く忙しいエリアではありますが、そのぶん高収入を目指しやすいという特徴があります。

様々な風俗業種が集結している川崎では、ご自身の希望に合った求人も見つけやすいですよ。

バニ男
川崎のソープ街には、高級店から格安店まで幅広く揃う「堀之内」と、格安店が多く様々な年代のお客様が訪れる「南町」の2つのエリアがあります!

ソープランド「セシル(ホワイトフェアリーグループ)」風俗スタッフ 渋谷 俊樹さん(22歳)

セシル渋谷さん

プロフィール

神奈川県出身。やんちゃな少年時代を送るも、高校進学を前に生活が一変。バレーボールに打ち込み、県下有数の強豪校へ進むほどのトップ選手となった。
その後、競技生活からは引退し、20歳のときに飲食業界へ。コロナ禍の影響で勤め先を退職したのち『セシル』へ入社。若手スタッフの筆頭として活躍している。
趣味はお酒。ストレスの発散方法は銭湯と運動。「汗を流したあとの一杯が最高すぎる」とのこと。

自分の飲食店を持つという夢を叶えるべく選んだ転職先が、管理業務や店舗運営が学べる風俗業界だった。

「研修期間は先輩に付き従ってさまざまな雑務を。丁寧に教えてくれたので、特に困ったことはありません。それよりも研修が明けて、運営の中心に携わるようになってからのほうが大変でした。

最初の失敗は女の子への接し方。それぞれタイプが違うのに、その見極めが出来ていないまま、自分でこうだと決めて接してしまった。結果、無意識に気に障るようなことを言ってしまい、傷つけたことも……。

幸い、うちの会社はなにかあればSNSでスタッフ同士が情報を共有できるようになっています。そのときも『申し訳ありません。僕のせいでやりづらくなってしまうかもしれません』と報告をしたら、上司がすぐにフォローをしてくれました。

おかげで女の子との関係も修復できましたが、日頃からコミュニケーションを取っていれば防げた事態かもしれません。人の管理は1人ひとりにしっかり向き合うことが大切だと痛感しましたね」

入社して8ヶ月の渋谷さんがモチベーションを保ちながら仕事に打ち込める理由は“自分の課題を明確にできること”と“昇給や昇格のチャンスを実感できること”

「ちゃんと半年ごとに昇給の機会が設けられているんですよ。

うちの会社では、すべての社員がいくつかの個人目標を立てます。それを半年スパンでチェックして、クリアした課題の数に応じて基本給がアップするシステム。達成率と内容によっては、4段階の昇給もあると聞きました。

もちろんどんな目標でもOKというわけではありませんが、査定までの期間が短いし、自分の課題を明確にできるのでモチベーションを高く保てるんですよね。

それに日々の仕事ぶりだってちゃんと評価してもらえる。たとえば『新人の研修期間は3カ月』を目安としていますが、早い段階で一通りの業務がこなせるようになれば、その限りではないんです。

実際、僕は2カ月弱で正社員になれました。昇給や昇格のチャンスを実感できるから、やりがいは大きいですよ」

風俗スタッフとして活躍するために必要なのは、経験よりも“やる気”と“謙虚さ”。夢を叶えるべく渋谷さんは今日も仕事に全力で取り組んでいる。

「会社の中でも圧倒的に年下で、まだ下っ端の僕が言うのもあれですけど……そうですね、まず経験の有無や年齢は関係ありません。新人を指導する機会も増えた今、『やる気』と『素直さ』が大事なのかなと。

あとこれは自分の勝手な想像なのですが、上の人たちは独立心がある人も歓迎していると思います。上司や幹部の方と飲みに行ったとき、そういうニュアンスを感じるときがあるので。

僕は今は【セシル】の仕事に全力で取り組むことしか考えてなくて。でも、30歳までには店を持ちたいかな。しばらくはその準備期間。だから僕、上の人たちとも気軽に話せて飲みにも行ける今の環境はすごく楽しいんですよ。経営論にしろ、仕事観にしろ、いろいろな経験が聞けるのはためになる。まあ、ほとんどはくだらない話で終わりますけどね(笑)」

【セシル(ホワイトフェアリーグループ)】の求人詳細はこちらから

セシル求人

インタビュー全文はこちら

インタビュー本編はこちらをチェック

デリヘル「川崎・東横人妻城」風俗スタッフ 島田さん(38歳)

川崎・東横人妻城島田さん

プロフィール

東京都出身。服飾関係の会社を経営する家に生まれ、「待望の跡取り息子」と期待を一手に受ける。しかし決められた道を歩むことを拒み、大学中退後はフリーターに。紆余曲折を経て家業の代表取締役に就任するも、やりたいと思った仕事に従事するため辞職。かねて興味を抱いていた夜の世界へと飛び込んだ。
趣味や特技が多く、中でも作曲の腕に自信あり。「生まれるのが少し遅ければ、人気配信者になっていたかも」との弁。

父親の跡を継ぎ名のある会社の代表取締役に就任した島田さんが、その地位を捨て風俗業界に転職したきっかけは、“風俗スタッフとして働くという選択肢を持てたこと”だった。

「実は客として利用したことが何回かあって、風俗業界そのものを長年『面白そうな世界だな』と思ってはいたんです。そこのスタッフになるという発想を得たのをきっかけに、ずっと漠然としたままだった業界への興味が、瞬く間に実態を伴ったといいますか。

すでに38歳。年齢的にも迷っている暇はないと思い、『家業を退いて新たな道に進みたい』と家族に打ち明けたところ、話し合いを重ねた末に両親は納得。妻に至っては、『やりたいことが見つかったんなら、いいんじゃないかな』と背中を押してくれました。
言われてみれば、誰かに決められたものじゃない、自分で望んだ仕事に挑戦するのはこれが初めてでしたね。

ほかの風俗店もいくつか受けて、ちらほら内定をもらったんですけど、【東横人妻城】に決めたのは社長の考え方に深く感銘を受けたからです。

それは、『うちが風俗店であることを決して忘れてはならない』というもの。
よその面接では『うちは一般企業と何も変わりません』と説明されることが多かっただけに、この一言はかなり衝撃的でした。

もちろん社長は、店を軽んじているわけでも、まして卑下しているわけでもありません。彼の言葉は『業界の外からどんな視線を向けられるかは保証できないが、この仕事は必ず女性を救うことになるし、それが引いては会社の利益を生む』と続きます。『風俗というものの本質を捉えたうえで、覚悟も誇りも正しく持て』といったこの考え方が、業界そのものへ関心を抱いていた僕に強く響いたんです。

あとは『もっと他店を受けてきて、それでもうちがよかったら来てくれればいい』とも言われてさらに尊敬。僕だって曲がりなりにも経営者をやったけど、応募者相手にそんなこと言える余裕なかったので(笑)」

入社して半年。根気よく教えてもらえる環境で一通りの業務を任せてもらえるまでに。

「先輩や上長からフォローされながらではありますが、接客、送迎、ウェブ関連、キャストの管理や面接など、すでに一通りの業務を任せてもらっています。

うちの店はスタッフの習得ペースに合わせた指導が徹底されていて、覚えられるまで根気強く教えてくれるし、意欲次第で社歴に関係なく新しい仕事にチャレンジさせてくれる。だからこそ、業界経験がない僕でも結構スピーディーに成長できたのかと」

今後の目標は”店を任される存在”になること。島田さんの目には再び社長を目指すことよりも、妻と過ごす明るい未来が見えている。

「まだ入って半年の身では周囲のフォローが不可欠ですが、率先して導いてくれる店長の右腕になって、ゆくゆくは自分が店を任される存在になれればいいですね。

もしまた何か経営するとしたら、そうだなー。この仕事をリタイアしたあとに小さな喫茶店でも開いて、妻と老後をゆっくり過ごすのもいいかもしれません」

【川崎・東横人妻城】の求人詳細はこちらから

川崎・東横人妻城求人

インタビュー全文はこちら

インタビュー本編はこちらをチェック

ソープランド「カワサキEROTIC」風俗スタッフ 若松さん(34歳)

カワサキEROTIC若松さん

プロフィール

神奈川県横浜市出身。母子家庭で育ち、高校卒業から10年以上、母と弟を養うために働く。32歳のとき、とある事情で突如一家が離散。天涯孤独の身となり一時は絶望するも、偶然に出会った恩人の導きで夜の世界へ。
『カワサキEROTIC』では店舗スタッフの一員として運営に携わる傍ら、集客イベント等も企画中。今欲しいものは電子タバコとかわいい後輩という無欲な好人物。

生きがいだった家族を失い天涯孤独の身に。飲み屋での不思議な出会いをきっかけに、若松さんは風俗業界という新しい世界に飛び込んだ。

「ずっと家族を一番に考えて生きてきたぶん、いざ失うと僕には目的も存在理由も何もなくて。働く気にもなれず、長年続けた仕事を辞め、しばらくはただ無気力にブラブラする日々でした。

そんなとき、ふと立ち寄った飲み屋でたまたま常連客らしき人が僕に声を掛けてきて。少し面倒だなと思いつつも相手をしているうちに、なんとなくウマが合って僕の身の上話をしましてね。

そうしたら『君は人の痛みがわかるし誠実だから、相手を安心させてあげられる。きっと人のケアやサポートをする仕事に向いている』と。『たとえば風俗店のスタッフとかね』って笑っていましたけど、今思えば彼は業界の関係者でしょうね(笑)。

でも、そう言われて気分がすごくラクになったし、自分の中に新しい目的ができたような気がしたんです。

ただ、あの出会いがあったからこそ『もう一度がんばろう』と思えたし、僕はいまも生きていられるんだと思っています。
それで、うちに帰ってすぐに風俗業界の求人を検索。エリアや仕事内容をざっと見て、直感で応募したのが【カワサキEROTIC】でした。

昔から直感や勢いで動くところがありましたし、当時はほかにもう何もないわけですから。それに、面接官の印象もすごくよかったんです。真面目さの中にも遊び心というか大人の余裕がある人で、『新しい世界に来た感』があったというか」

未経験から入社した若松さんが大切にしていることは”女の子ときちんとコミュニケーションを取る”ということ。

「まずは接客に使用したタオルの回収やトイレ掃除、備品の片付けといった雑用からスタート。僕は風俗業界が未経験ということもあって、これで業務の流れを覚えていきました。

で、慣れてきた頃に接客を。最初は『こちらへどうぞ』程度のご案内だから簡単ですが、セールストークをするようになれば、いろいろと準備も要りますし……。

お客様にキャストさんを売り込むに当たって、女の子1人ひとりの雰囲気やおすすめのポイントをよく知っておく必要があるんです。だから日々、きちんとコミュニケーションを取っておかないと。

警備員時代の経験も少しは役に立っていますが、やっぱり女性への接し方は思った以上に難しくて。ちょっとした言い方ひとつで元気づけてあげることもできれば、落ち込ませてしまうこともあるじゃないですか。いくらマニュアルが用意されていたって、生身の人間に全部は通用しませんから。

だからまずはフラットな気持ちでその子を観察するのが僕のやり方です。足りない部分は先輩に教わって、それでも足りなければネットで『女の子の気持ち』って検索(笑)」

キャストに寄り添い支えることができる存在に。再び守るものを得た若松さんが送る未来の後輩へのメッセージ。

「正直、接客や作業自体はそんなに難しくないんです。だからある程度のコミュニケーション能力と、協調性、やる気さえあれば。

うちは20代、30代の若いスタッフだけで回していて、人間関係はすごく良好だと思います。先輩のフォローが行き届いているおかげで、ミスはすれども挫折をすることはない。自分が出した企画やアイディアを無下に潰されることもないですし、意欲のある人にはとてもいい環境かなと。

特に、いまは他店がまだやっていないようなイベントやシステムを打ち出したいときなので、一緒に切磋琢磨していければうれしいですね。

僕自身まだまだ向いていると言えるレベルじゃないかもしれないけど『キャストさんに寄り添って、彼女たちががんばる支えになりたい』とは思っています。それがいまの生きがいというかね。

何もかもなくした僕に、もう一度守るべきものや存在意義を与えてくれたのは、やっぱりあのときの不思議な出会い。この仕事に引き合わせてもらえて、本当に感謝しているんですよ」

【カワサキEROTIC】の求人詳細はこちらから

カワサキEROTIC求人

インタビュー全文はこちら

インタビュー本編はこちらをチェック

川崎で高収入をゲットしたいなら今すぐ風俗店舗スタッフへ応募!

夜の川崎駅

メンズバニラでは、気になる求人を見つけたら「応募フォーム」から簡単に応募することができます。

求人情報はエリアだけでなく、「給与」「職種」「こだわり」からも探すことができるので、希望に合った店舗を見つけやすいですよ。

川崎で高収入をゲットしたいという方は、今すぐにメンズバニラで求人をチェックしてみてください!

バニ男
まずはお気軽にご応募を!そこから高収入への道が開けます!
  • この記事を書いた人

バニ男|メンズバニラ編集部

どうもバニ男です。メンズバニラの公式で編集部を作ってみました。 風俗業界の仕事に興味や疑問がある人は、このサイトの記事を読めばバッチリOK! 手前味噌になっちゃうけど、記事の内容はなかなかだじぇ。 みんなにとって有益で、何度でも見にきたくなるサイト作りをするから応援よろしくね!「高収入を稼ぎたい」あなたの気持ちに寄り添います。 ※いま、風俗男性求人でとくに注目なのはデリヘルドライバーだよ!

インタビュー

メンズバニラマガジン メンズバニラマガジン

Copyright© メンズバニラマガジン , 2022 All Rights Reserved.